ホーム>

●会長のあいさつkaicho-shashin

 一般社団法人沖縄県農林水産土木建設会のホームページにアクセスしていただき有り難うございます。

 本建設会は、会員の発展、地位向上、農林水産土木事業の施工等に係る技術力の向上に努め、併せて関係機関との連携を図り、農林水産業及び農山漁村の振興に寄与することを目的として、平成5年に設立され、平成26年5月より一般社団法人として再出発しました。

これまで沖縄総合事務局、沖縄県農林水産部、市町村並びに関係団体には、当建設会の研修をはじめとする諸活動にご理解とご協力を賜り心から厚く感謝申し上げます。
 
 農山漁村地域においては、21世紀ビジョンの展開手法の一つである一括交付金制度を有効に活用した農林水産物の「地産地消」・ブランド化等を通じた生産から加工・販売をする農村漁村の「6次産業化」の展開等、「確かな農山漁村の活性化」への新たな取り組みが始まっています。
 
 本建設会としては、これまで同様、国・県並びに市町村と連携を図りつつ、農林水産関係事業の予算確保の要請や研修と併せて、21世紀ビジョンの新たな展開への役割の一つである農林水産施策並びに基盤整備の推進に関わり、「誰でも住んでみたい農山漁村の建設」を目指した活動や地域貢献活動を展開し、将来に夢と明るい展望が開かれるような地域活性化並びに会員ニーズに即した活動の充実を図って参ります。

 一般社団法人として再出発するに当たり、関係各位並びに会員のご指導とご支援をお願い申し上げるとともに、皆様方のご活躍を祈念申し上げます。
  
 併せて、このホームページが意見交換、情報発信等の場として活用できるよう、その充実に努めてまいりますので、皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶と致します。

 平成26年5月吉日

一般社団法人 沖縄県農林水産土木建設会
会 長  仲 本  豊

 

●会の目標(スローガン)

  • 我々 は、研修会等を通じ、技術・資質の向上を図り、農山漁村の生産基盤整備に貢献します。
  • 我々 は、農林水産業 の生産基盤施設の保全管理や防災活動等の地域貢献活動等を通じ、地域の
    活性化に貢献します。
  • 我々 は、「誰でも住んでみたい村づくり」を目指し、活力に満ちた村づくりに貢献します。

施工技術力の向上・企業の資質向上
(高い満足度・強い信頼)